FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯を白くする方法はホワイトニングかオールセラミック

歯を白くする方法はご存知ですか?

それ位知ってます!
という声が聞こえてきそうですが、「ホワイトニング」と言う方法がありますよね。

一般的に「ホワイトニング」というと、以下の2つに分類されます。
・オフィスホワイトニング
(歯科医院にて行うホワイトニングで、薬剤を塗り、レーザーやライト・LEDなどを当てて白くする方法。)
・ホームホワイトニング
(歯科医院でマウスピースを作り、そこに薬剤を入れて装着して白くする方法。)

どちらも一長一短があり、
オフィスホワイトニングは、短期間で白くなりやすいですが、効果も短期間で色戻りしやすい。
・結婚式を控えている等のイベント事に目標を置く方に多く利用されています。
ホームホワイトニングは、白くなるまで時間は掛かりますが、効果の持続性は長い。
・マイペースで希望の白さになるまで行えるので、持続的に白くしたい方に多く利用されています。

但し、ホワイトニング効果の出方は個人差があり、人によってはほとんど白くならないこともあります。もちろん白さにも限界があります。
あとプラスチックの詰め物がしてあるとそこには効果が出ません。

特に、
・歯の神経が死んでいる(虫歯治療で神経を取った)箇所がある方。
・テトラサイクリン歯(抗生物質が原因で灰色がかった歯)の方。
・加齢による変色が気になる方。

など、薬剤を使ったホワイトニングでは、特に白くなりにくい歯もあります。
さらに、効果は永久的に続くものではなく、色戻りしてきたらホワイトニングを繰り返す手間もかかります。

そこでもう一つ白くする方法としては「オールセラミックの被せ物をする」というのも手です。
単純に人工物を被せるので、

・いくらでもご希望の白さを実現できる。
(色のガイドがありますので、ご希望の白さを選べます)
・半永久的に変色は起こらない。
(着色汚れは起こりますがクリーニングを行えば元に戻ります)

というメリットを持っている事が特徴です。
勿論、メリットだけという訳ではなく、オールセラミックを使った治療は、歯を少し削り、そこに白い被せ物の歯を装着していくことになりますので歯科医師との相談が必要になります。

しかしながら、先述した薬剤を使ったホワイトニングで特に白くなりにくい歯をお持ちの方には、かなり有効な手段になります。
また、薬剤を使ったホワイトニングより更に白い歯(芸能人の様な真っ白な歯)をお望みの方に満足頂ける方法と言えます。

オールセラミックとホワイトニングでできる治療内容の違いは「綺麗な歯並びを決める3つのポイントと治療方法」が非常にわかりやすいです。

最近は、オールセラミック治療の無料カウンセリングを実施している所も多いです。
十人十色、お悩みはあると思いますが、
ご自身のご希望に合った、ホワイトニング方法が見つかると良いですね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。