FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯の神経を抜いた場合の治療方法

虫歯の状態の程度をどう判断するのか。皆さんはご存知でしょうか。

虫歯になったら歯が黒くなり、穴が空くイメージがあると思います。

それが大きければ、大きな虫歯でしょ?というイメージでほぼ問題ないのですが、それよりも虫歯の実はその穴の『深さ』が一番重要なポイントになります。

表面的な虫歯であったら削り取り、レジン(=プラスティック)で補修できますし、あまり痛みはありません。

ただ、その深さが歯の神経まで到達していれば、痛みを生じるため、場合によっては残念なことに歯の神経を取ることが必要になります。

歯の神経(歯髄)は歯に栄養を送っている血管も含まれていますので、取る事により、歯が再石灰化しないため、色がくすんできます。
一応、多少ながら弱くなるとも言われています。

「歯の神経死んでる~」と女芸人ハリセンボンの箕輪さんがネタにしておりましたが、覚えてますでしょうか。
神経を取ったのか、何かしらが原因で神経が死んでしまったのかは存じませんが、例えるならあの様な状態になります。

googleの画像検索「歯 神経がない」などで検索してもらえればどういったものか一目慮全でしょう。

そんな女芸人の方も流石に見栄えの悪さが気になったのか最近きれいにしてますね。黒ずんでいた歯が、今では見違えるほど綺麗です。

あれはほぼ間違いなく『オールセラミック』を使った審美治療によるものです。
神経がなくくすんだ歯の上にきれいな歯をかぶせることで、治療を行えるもので、神経を抜いてしまった方に一番利用されている治療方法です。

箕輪さんはキレイにしたことをいじられていますが、キレイにすることは悪いことでは絶対にありません。
相手に清潔感を与えますから。
箕輪さんは芸人なのに笑いを捨てたことに対し、言われているだけですからね。

治療自体は比較的短期間で治療できるし、今では安い所もあります。
(あの方人は45万円掛かったそうですが…)

ぜひ一度「オールセラミック 安い 東京」などの検索ワードでググってみては如何ですか。
東京は例で書きましたが、お住まい近くに安く治療できるところがあれば幸いです。

オールセラミックが47,000円|Japan Dental Frontierのオールセラミックサービスの特徴

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。