FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カウンセリングの重要性

オールセラミックの審美治療を検討の方は、一度カウンセリングを受けられることをお勧めします。

何故かと言うと、やはり個人個人で症例が違うし、必要な治療も変わってきます。
それを知る為にもカウンセリングは重要な治療前の下準備になります。

~カウンセリングで知れる事~
●まずはオールセラミックで治療可能か否か
オールセラミックでの審美治療は歯並びや歯の色を改善出来る非常に優秀な治療方法ですが、
必ずしもご希望の治療が可能になる。と言う訳ではありません。
歯がない所にはオールセラミックを被せる事は出来ないですし、十分な改善が見込めないケースも少なからずあります。
その他、医療的見解によって治療不可能な場合もあるので、まずはドクターにしっかり見てもらう必要があります。

●どのオールセラミックが良いか
基本的には、IPS e.maxと言うオールセラミックと、ジルコニアと言うオールセラミックのどちらかを使う事が一般的です。
IPS e.maxは非常に透明感があり、天然の歯よりも綺麗な出来上がりになります。
しかし、ジルコニアに比べると多少強度が弱くなるので一般的には奥歯には使われません。
また、透明感が強いことによって、中の色を透かしてしまう可能性が有るので、
コア(土台)が金属の物を使われている場合、適しません。
ジルコニアは、分かりやすく言うと人工ダイヤモンドですので強度が強いです。
従って、噛む力が強い奥歯に適していますし、歯軋りや食いしばり癖のある方にも適しています。
※歯軋りや食いしばりによる破損は保証していない所もあるので、マウスピースを作るなど対策をしましょう。

●治療期間について知れる
オールセラミックの治療をする際のメリットは、矯正治療に比べて治療期間が短いと言う事があります。
しかし、例えば前歯6本の治療でも1.5~3か月は掛かる治療ですので、
絶対にここまでに終わらせなければならない。といったように期限付きの方は相談するようにしましょう。


カウンセリングは上記の様に、治療計画を明確にするものです。
何をするにしても、計画なしに突発的には始めれません。

オールセラミック体験談〜1.カウンセリングは大切だった

また、オールセラミック治療をおこなう歯痛いも、噛み合わせの問題などの関与が出ますので、
お口全体の虫歯や歯の本数のチェック、歯の根っこの状態をみるレントゲン撮影も必要になります。
スポンサーサイト

コメント

No title

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒https://goo.gl/uEPpc4
でブログをやっているあゆといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。