FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出っ歯の歯並び改善

代表的な気になる歯並びと言えば、「出っ歯」が挙げられると思います。
弊社のオールセラミック治療のカウンセリングに来られるお客様の中にも多くいらっしゃいます。

と言う事は、「出っ歯」はオールセラミックの治療で改善出来るということです。

しかし、絶対に改善出来るとは言えません。
出っ歯にも十人十色の出っ張り具合や歯の状態があります。

それを見せて頂くことがカウンセリングの内容でもあります。
是非、改善出来る程度の「出っ歯」なのか、改善は難しい「出っ歯」なのか、
それを医師に判断頂くために、オールセラミック治療のカウンセリングを受けてみて下さい。

オールセラミックでの詳しい治療方法はこちら「出っ歯が気になる方へのオールセラミックの治療方法

オールセラミックで改善できない事柄は、元の歯(歯根)の位置を変えることです。
言い換えると、歯が出ていることによって歯茎が出てしまっている症例です。
出っ歯の改善希望の方の中にも多くいらっしゃいますが、残念ながらこれは改善できません。
元の歯の位置を変える治療は矯正治療になってしまいます。

オールセラミックで出来る「出っ歯」の改善は、元の歯の位置から歯冠(見えている歯)の方向を変える事です。

その為に歯を多く削る事になるのですが、削る量が多いので歯の神経に触れてしまいます。
そうなると、非常に強い痛みが常に残る為、事前に神経の処置を行います。

神経の処置というと、あまり良いイメージを持っていない方もいらっしゃると思います。
勿論、神経の処置を行っていない歯と神経の処置を行っている歯では、将来的に寿命が変わってしまう可能性があります。
しかし、しっかりとした治療を行う事によってその維持力は強くなり、通常通り使える歯になりますし、
将来的に不具合がでる可能性を可能な限り少なく出来ます。

勿論、しっかりセルフケア・歯科医院での定期的なメンテナンスは必要になります。
これは天然歯にも必要と言えることで、ケアを怠ると虫歯や歯周病になってしまいます。

オールセラミックの歯は虫歯になりませんし汚れは着き辛いのですが、
そうならない為にもしっかりケアはおこなっていきたいですね。

代表的なカウンセリングを受けられる歯並びは「出っ歯」が多い印象ですが、
叢生(乱ぐい歯)や反対咬合、切端咬合、捻転などいろんなケースのお客様がオールセラミックで歯並び改善をされています。

上記にもある様に、症例次第で絶対に歯並びが治るとは限りませんので、
まずは、自分の求める歯並びになるか否かを判断する為にカウンセリングを受けられることが重要だと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。