FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールセラミックの治療期間

お客様の治療目的はほんとに様々で、ブログのタイトルでもある、「オールセラミックの治療期間」もそれの目的によってかなり変わってきます。

期間について詳しくは「症例別、オールセラミック治療の期間の一覧」を。

特に前歯の治療に多い「神経の治療」が必要かそうで無いかによっても変わりますし、治療本数を何本にするかによっても治療期間の上下差は大きく表れます。

たとえば、前歯6本(左右の犬歯から犬歯)の治療だとすると、神経の治療が必要無い場合、おおよそ1.5~2カ月程。
神経の治療が必要な場合、おおよそ3~4か月程かかります。
※症例によってはこれ以上かかる場合があります。

前突(出っ歯)を治したい、叢生(乱ぐい歯)を治したい。と言う場合、ほぼ間違いなく神経の治療が必要になります。

前歯は奥歯に比べ、歯が薄いので歯の中に通っている神経との距離が近く、オールセラミックは歯を削って被せるものですから、削る量が多ければ多いほど神経に近くなり、もしくは神経が露出してしまいます。
例えるならば、腕などの皮膚が常に無く、赤身が見えている状態になります。

皮膚があると、熱い・詰めないなどは感じますが痛みは感じませんよね?
しかし、皮膚がない(擦りむいたりしたのが良い例でしょうか)状態に水やお湯を掛けたら痛みを感じます。

歯の神経に近づく、もしくは露出しているとそれと同じような状態になり、常に痛みを感じます。
その痛みは皮膚の痛みとは比べ物にならない痛みで、食事や飲み物などが摂取できないほどで、日常生活に支障をきたします。

勿論、その痛みを防ぐためと言うものもありますが、メインは歯の方向を変える為に神経の治療を行う事が多いです。
絶対に神経の治療が必要になる。と言う事でもないのですが、
逆に言うと歯の方向・歯並びを綺麗に整える為に神経の治療が必要になる。ということです。

この神経の治療が必要か否かは正直自分では判断できないと思います。
その為に専門のドクターに確認して頂くのですが、お客様の多くは意外と治療は1~2回で終わると思っている方が多いです。
少数回で終わる治療は、本当に歯の方向を変えずに済んだりする場合のみと言っても過言ではありません。

特にこれからイベント事を控えている方は、善は急げと言う言葉がある様に前倒し前倒しで行動するようにしましょう。
弊社でも無料カウンセリングを受けて頂けますので是非お問い合わせ下さい。
経験豊富なカウンセリングスタッフ、ドクターがお待ちしています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。