FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金属を使わない治療(メタルフリー)をおすすめする理由

保険治療で虫歯治療を行うい被せ物や詰め物をすると『銀歯』になりますよね。
子供の頃の虫歯で、奥歯などに銀歯が装着されている方も多いのではないでしょうか。

「銀歯」といっても銀だけでできているわけではなく、金・銀・パラジウム・(銅)などの金属の合金です。
金銀パラジウム合金と言われておりますね。

金属なので粘り気があり、結構強度は高いのですが、下記の様なデメリットがあります。
・金属アレルギーを引き起こすことがある。
・2次カリエス(再度虫歯になること)になりやすい。
・歯周病になりやすい。
・ガルバニー電流。
・見た目の悪さ。


上記で特に気になるのは金属アレルギーですね。
金属アレルギーは口腔内だけでなく、体の他の部分にも悪影響を及ぼしている可能性があります。
例えば皮膚の発疹として手や足、首などに現れ、原因が口腔内の銀歯によるものであることも珍しくありません。

ご自身が金属アレルギーかどうかは皮膚科や総合病院でパッチテストというのを行うことができるので、疑いがある人は一度通院されることをおすすめします。

金属アレルギー出ない方が気になるのは金属イオンが溶け出しでしょうか。メタルタトゥーと呼ばれるものです。
金属が溶けて歯茎に沈着することで、歯と歯茎の境目あたりが黒くなり見栄えが悪くなります。
これは銀歯だけでなく、保険の前歯の差し歯(表面がプラスチックで中が金属)のものでも起きますので、見た目が白いからといって油断してはいけません。というかこういう方が一番なってます。

あと、かなり少なくなってきたのですが、アマルガムとよばれる水銀を使用した治療をされている時代もあり、これは上記以外にも単純に体に有害とされております。

現在、歯科業界で『メタルフリー治療』が進んできています。
金属を使わない様に治療をする、またはお口の中の金属を除去する。と言うものです。


その為には、被せ物を「オール」セラミック・ジルコニアにし、中に入っているコア(土台)にも、ファイバーコア・セラミックコアなどの金属を使用しないものを選択いたします。
やはりいずれも保険外の治療になりますので費用も高額になるのは致し方ないところです。

市場価格は1本 13万円前後といったところでしょうか。

でも探してみると価格が安い所もあります。
特に都市部は価格の上下差が大きくあるようです。

大事な歯のことですが、極力安く治療をおわらせたいですよね。
東京・名古屋・大阪などでオールセラミックやジルコニアを探されてみては如何でしょうか。

オールセラミックが47,000円から|Japan Dental Frontierのオールセラミックサービスの特徴
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。