FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールセラミックとの付き合い方

歯を白くしたい、綺麗にしたい。
と思って、オールセラミック治療をお考え、または、治療済みの方も多いと思いますが、
オールセラミックの特性をより良く知ってお付き合い頂ければと思います。

オールセラミック義歯は白くて綺麗な歯ですが、
金属を使った義歯と比べると、どうしても割れやすい特性をはらんでいます。

金属は薄くても、曲がったり伸びたりする性質があるので割れたりすることは非常に少ないですが、
オールセラミック義歯は素材の特性上、割れる事も考えられます。

身近な所で例えるのであれば、
金属のグラスやお皿が割れた経験は無いと思いますが、
陶器などで出来たグラスやお茶碗がいつの間にか割れていると言う経験がある方も多いはずです。

セラミック=陶器の様なものなので、上記の様に金属より割れやすいのが事実です。
一曲的な力が掛かった場合、歯軋り・食いしばり等でかかる力、
咬合(歯と歯の噛み合わせ)などでかかる力などが割れる原因になります。

予防として寝る時・スポーツをする時などはマウスピース装着で守る事も必要ですが、
他の歯が原因で割れてしまう事もあるので、オールセラミック治療は、
綺麗にしたいと思っている箇所だけではなく、全顎的な治療が必要になる場合もあります。
歯が抜けている場所があったり、歯軋り・食いしばり癖がある方は是非医師に相談してみて下さい。


また、オールセラミックは汚れなどの着色が起こりにくい素材で出来ていますが、
メンテナンスが必要ではない。ということにはなりません。

日常的な歯磨きであったり、定期的な歯科医院でのメンテナンスも欠かせません。
オールセラミック義歯の見た目の回復だけではなく、
オールセラミック義歯をより長く維持する為に必要な事です。

メンテナンスなどを怠ると、歯周病などが進行して、
折角綺麗なオールセラミック義歯を装着したとしても歯頚部(歯と歯茎の間)に隙間ができる、
ブラックマージンができてしまって見た目的に美しいと言えない状況にもなってしまいます。
年齢的な問題もありますので、こちらも医師に相談するようにしましょう。


上記はあくまでも一例ですので、個人によって色んな付き合い方があると思います。
オールセラミック治療が終わって、お気に入りの歯を手に入れてそこで満足してしまう方が多いですが、
実は、そこからがより綺麗な歯を保つのかという戦いでもあります。

一生とは言い過ぎかもしれませんが、長く付き合っていくものなので気を付けましょうね。

オールセラミック装着後のケアの方法
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。