FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金属が使われている歯

メタルフリーという言葉を聞いたことはありませんか?

お口の中に金属を使わないようにする / お口の中の金属を取り除く と言う事を目指すものですね。


現在の保険治療では、虫歯治療などに代表されるものはほぼ金属を使用されてしまいます。
レジン(プラスチック)を使用されることもありますが、ほぼ金属になると言っても過言ではないです。

また、自費治療でもメタルボンドなど安価のセラミックの歯は金属を使用しています。


そんな中で注目されているのがオールセラミック。
「オール=全て」という様に、金属は一切使用されておらず、
金属が使用されていることで起こりえる、メタルタトゥー・金属アレルギーなどの心配がなくなります。

★メタルタトゥーとは★
クラウン(差し歯)などの補綴物・メタルコア(土台)など、
お口の中に使われている金属のイオンが錆びて、溶け出すことにより歯茎が黒く変色してしまうことを言います。
タトゥー(入れ墨)と呼ばれている様に、歯茎の奥深くまで金属イオンが入り込むので簡単になくすことはできません。
多くの場合、切除などの外科的手術が必要になります。
メタルタトゥーにならない為には、オールセラミックやファイバーコアなど、一切金属を使用しないことが必要になります。

★金属アレルギーとは★
お口の中からだけではなく、皮膚からも体内に金属が吸収されて起こります。
残念ながら、発症すると一生治らないと言われています。
アレルギー反応は、蓄積の量によって起こりますが、その量も個人差があります。
いつどこで発症するかわからないのが現状です。
対策としては、体内に金属を入れないようにすることが大事です。


上記の様に、メタルフリーという行為がお口の中だけではなく、体全体にとって良いと分かりますね。

まだ、メタルフリーという言葉はあまり一般的ではなく、歯医者さんでも取り組みをしている所が多くなってきましたが、多くの方が保険治療で行なうので、金属が使われる治療が一般的ですね。

オールセラミックの治療でカウンセリングに来られる方は、いち早くメタルフリーに興味を持った方や、メタルタトゥーになる心配があるから事前に排除したい、金属アレルギーと診断されたのでお口の中の金属を除去したいなどの理由で来院されます。

銀歯のオールセラミック交換のすすめ。

お口の中に金属が使用されている方も多くいらっしゃると思いますので、是非この記事を見たらオールセラミック治療のカウンセリングに申し込みください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。