FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールセラミック治療ではできないこと

オールセラミックの治療は歯並びや欠損箇所などの多くの審美目的で利用されていますが、正直改善が出来ないものがあります。

患者様は「完璧を想像」してご来院すると思います。
お金を払って治療するのですから、当たり前ですよね。
折角治療するのだから、憧れの歯並びであったり、そういうことを頭に巡らせると思います。

しかし、オールセラミックでは物理的に治療では改善できないケースもあります。

特に症例として多い「前突(出っ歯)改善」を例に出すと、
オールセラミックの補綴物は、元々歯(歯根)がある所に歯を被せます。
従って、歯冠(歯の見えている箇所)の向きや大きさは改善出来る事が多いですが、
元々の歯の生え際の位置は改善は出来ないものになります。

前突の方は、顎自体が前に出ている方が多いので、
必然的に歯茎も前に出ている方が多いです。

歯茎が出ていると、唇も前に出ている方も多いです。
こちらも同様、改善は行えないものとなります。

とは言え、歯の向きを変えることで前突感は大きく改善することができます。

出来る事・出来ない事は正直ありますので、これをご覧になっていて、歯並びを治したいと思っている方は是非、カウンセリングを受けてみて下さい。

出来ない事は、正直出来ないとお伝え致します。
「出来る!出来る!」と何でもかんでも進めてしまう歯科医師も多いので、その辺りはご注頂ければと思います。

出っ歯が気になる方へのオールセラミックの治療方法
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。