FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールセラミックの歯が割れる人の特徴

オールセラミックの被せ物は割れやすい?
なんて書いてある記事もよく見かけます。

歯並びを治したくて、色々と調べているけどどの種類の歯を選べばいいかわからなくなってしまった人もいると思います。

実際のところは「欠けににくさ」という点においては金属の被せ物の方が上だと言われています。
これは素材そのものの性質で、金属は粘り気を持っているので、ぶつけたりしても欠けたり割れたりしにくいのです。

一方セラミックについては非常に硬く、ものによっては金属より硬いのですが、粘り気がないので
欠けてしまうことがございます。

金属製は料理道具のボール、セラミックは食器だと思ってください。
同じ高さから落としてもボールはへこむけど割れることはないと思います。一方食器は欠けたり割れたりします。

しかし被せ物を選ぶ際は、割れる可能性を考えることも重要だと思いますが、
オールセラミックと金属の被せ物では、単純な見た目もかなり変わってきますし、
あまり目立たないと思われる奥歯に銀歯ばあったら大きな口を空けて笑えないですよね。
また、金属はイオンが溶け出すのでメタルタトゥーや金属アレルギーなどの心配があります。

そのため、比較的割れにくく、審美性が十分なオールセラミックが人気があるんですね。
なのでほとんどの方はオールセラミックにしておけば間違いないと思います。

が、オールセラミックの歯が割れやすい人がいる事も事実です。

例えば歯軋りが強い人は、歯軋りをしない人に比べ割れやすいですし、
歯を食いしばる癖のある人は、歯を食いしばらない人に比べ割れやすいです。

そりゃそうだ。と思われるかもしれませんが、意外と大事なことなのです。

上記の対処法として代表的なものは、マウスピースの作製です。
起きている時は意識して歯軋り・食いしばりを制御できても、就寝時など無意識な時は防ぐ事は難しいですよね。
しかも無意識でやっているので、日常生活で出さない力の何倍もの力になるそうでたちが悪いです。

セラミックが割れてしまう原因は、そこに噛む時以上に強い力がかかった時です。
物を噛むなどの食事中に割れてしまう事も、少ないにしてもあると思いますが、通常の使用で割れる事はまずありません。

例として挙げましたが、歯軋り・食いしばりは現代病とも言われ多くの人が癖として持っています。

これからオールセラミックの被せ物の治療を行う方は、
是非その辺りも医師と割れにくい対応を取れるように相談を行う様にしましょう。
当然ながらそういったことに相談してくれない医院は治療をやめといたほうがいいでしょうね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。