FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抜けた歯をそのままにしておくと他の歯も悪くなります

歯は財産です。
昔から8020運動というのが有り、80歳になっても歯が20本残っているように頑張ろう!というのがあります。
これって非常に重要で、歯がなくなると食べ物が満足にすることができなくなり、老後の楽しみも減っていしまいます。
なので、歯は財産として言われるんですね。

然しながら、虫歯になってしまったり、その虫歯や歯周病が大きくなって抜歯が必要になったり、
はたまた、不慮の事故で歯を失ってしまったり。

歯を失ってしまう要素は日常の中にこっそり潜んでいると言えます。
いつ何時歯を失うかわかりません。

と言ったら大げさなのですが、日頃の歯のケアを怠っていると既に手遅れになっている。
そんなケースも稀ですがあると思います。

歯を失ってしまうと、入歯か、最近ではインプラント治療という物もありますが、
入歯は見た目やにおいが気になるでしょうし、
インプラントは、顎の骨に直接人工の歯根を埋め込む手術が必要になるので、顎の骨次第では治療ができなということもございます。
後は若い方は気になるかもしれませんが、入れ歯で無い歯を補うという方法も悪くはありません。

歯は隣の歯と支え合うことで、正常に機能を致します。隣の歯がないと歯がぐらついたり、ものが噛めなかったり、悪影響を及ぼしかねません。
なので、何らかしらの理由で歯を失ってしまったら、そこを埋める治療を行ったほうがいい場合もございます。

そこで、お勧めしたい治療が、「オールセラミック」を使ったブリッジ治療です。
両隣の歯を少し削る事になりますが、短期間での治療完了が見込め見た目も天然歯に非常に近いものとなります。

また、オールセラミックは変色が起こりませんので、非常に審美的にも高い治療が受けられます。

特に前歯などで審美性を求める時に使用されることが多いのですがもちろん奥歯でも治療が可能です。
見た目を気にする若い方から、食べ物を食べていきたい方まで、気になる方はブリッジ治療をおすすめしますよ。

気になる方は「抜けた歯はインプラントかブリッジどちらの治療がいいのか」に詳しくまとめてありますのでよろしければ読んでみてくださいね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。