FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールセラミックの制作方法

「オールセラミック」にも色々種類がございます。

最近は「セラミック」という名前でも色々な、種類や制作方法があり、金額も様々です。
低価格のものだとコンピュータでその場で削られる簡易的なものから、1本ずつ手作業で作るものもあります。

また、「セラミック」と名前につきますが、「ハイブリッドセラミック」と呼ばれる、
プラスチックとセラミック、2つの素材を使って作られた歯もあります。

「ハイブリッドセラミック」は低価格でありながら白い歯を入れることができますが、プラスチックの変色する特徴を持ったちょうど中間の性質の歯になります。

後は金属を内側に使用したメタルボンドもあり表面も白く綺麗ですが、内側の金属の溶け出しにより歯茎が変色することやアレルギーになる可能性がございます。

最近ではセラミックといえば、「オールセラミック」を指すことが一般的です。
ハイブリッドセラミックのようには変色することもなく、金属アレルギーも起こりません。

また、金属の透けることもないので透明感も非常に高く綺麗です。

詳しいセラミックの違いはこちらの記事「被せ物の素材の違い。オールセラミックとセラミックは別物って知ってますか?」も御覧ください。

今やられるなら低価格のオールセラミックを探すことが一番であると思います。
審美治療受けたいな~と思っている方は是非参考にして下さい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。