FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯が無い所の被せ物治療

残念ながら、歯(歯根)が無くては被せ物の治療は行えません。

自分の歯(歯根)を活かして、そこにコア(土台)を立てて補強し、
そこに、オールセラミックなり、メタルボンドなり、保険の銀歯なりを被せます。

歯が無い所があるんだけど、私には被せ物の治療は行えないの…?
と心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、実はできるんです。

では、冒頭の話は何だったの?と言う話ですが、
補綴治療の中の、「ブリッジ」という言葉を聞いたことはありませんか?

ブリッジ=橋、と言う様に歯で橋渡しをする治療のことです。

歯が無い所の両隣の歯と歯で支えて被せ物をする治療で、
歯が無い所にはダミーの歯をあたかもそこに生えているかのように作ります。

ブリッジの治療は材質は違えど保険治療でも行う治療なので、多くの方が経験しております。
色んな理由で無くなってしまう歯ですが、ブリッジの治療では歯を取り戻せるんです。

歯が無くなる。
というイメージは奥歯に持ちがちだと思いますが、
前歯にもこのブリッジ治療は有効で、特にオールセラミックのブリッジであれば、
審美性も高めつつ、歯を取り戻せます。

歯が無くなった箇所の治療は、一旦保険で行われている方も多くいらっしゃると思いますが、
オールセラミックでより美しい歯が取り戻せますよ。

抜けた歯はインプラントかブリッジどちらの治療がいいのか
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。